自慢話

J男の自慢話は、正式に働くことが決まってから(=辞めにくくなってから)やたら聞かされるようになりました。特に私と二人だけの時にお酒が入ると、普段の寡黙な印象からは想像もできない&びっくりするくらい、自慢と人の悪口ばかりで、よくこんなに出てくるな・・・という感じでした。これは自己愛の特徴でもあるようですね。

自慢話の中でも記憶に残っているのが、

「若い頃、バイトしていた会社の社長の奧さんに気に入られて、社員を一人辞めさせて僕が雇われることになったんですよ。それを知らずに僕、その人の送別会で『○○さん、なんで辞めちゃうんですか!』って言っちゃったんですよ。ひどいですよね。しかも、その後すぐ青年海外協力隊に行くことになって、1年も経たずに辞めたんです」

と笑顔で話してきたことです。

全然面白くないし、ただただドン引きなんですが・・・。自分だったらこんな話、笑い話にできません。

今もあの時のJ男の得意げな笑顔がうっすら思い出されて、「あー気持ち悪い」とつい声に出して呟いてしまうのでした。

追加びっくり

もはや自己愛だからなのかは分からないエピソードなのですが。この日は居酒屋で2時間40分(←細かい)、私は二言三言、聞かれたことに答えた以外は、ひたすらJ男の自慢と悪口を聞いていました。上に書いた話以外も、奥行きのないつまらない話ばかりでした。それでも一緒に働くことになってすぐで、まだ今はこれくらい耐えようと、作り笑顔で相槌を打っていました。

「こんなにタメにならない、レベルの低いアドバイスがあるのか?」と耳を疑うくらい、クソつまらない&見当違い&上から目線のダメ出しをされても、耐えました。1つくらい深い話や、「ペグさんはこれからの仕事のこと、どう考えてるの?」というような話になるかと思ったのですが、最後までありませんでした。

ようやく、そろそろこれ飲んだら出ましょうかとなったので、「じゃあちょっとトイレだけ・・・」と言って席を立ち、数分後に戻ってきたら、なんとびっくり。席には私の鞄だけ残されて、J男がいなくなっていました。ワケが分からず出口に急ぐと、J男は会計をしていました。「ああ、気を遣わせないように払っててくれてたのか(それにしたってオープン席に荷物放置はないだろ)」と思っていたら一言、「千円でいいです」と言われ、ズッコケそうになりました。

私は誘われただけで、注文は全部J男が勝手に決め(「あと好きなの頼んで」などの言葉なし)、話もひたすら聞き役だったんですけど・・・。私が相談に乗ってもらったり、好きなものを頼んだならまだしも、J男だけ好き勝手喋ってお酒をガバガバ飲んで上機嫌で酔っ払って(私はソフトドリンク3杯くらい)、総額6千円にもならない会計で、千円でいいですって・・・。

今まで、10歳も年上の先輩、しかも男性から飲みに誘われて、こんな不可解な思いをしたことはないし、お金を払った記憶もありません。自分が逆の立場だったら絶対払わせられないです。友達に言ったら「気を遣わせたくなかったんじゃん?」と言われましたが、いやいや、飲んでる間ずっと気を遣ってたんですけど・・・。

2時間半の疲労と、荷物放置で先に行かれた衝撃も加わって、「この人なんか変・・・とりあえず絶対モテなさそう・・・仕事もできないんだろうな・・・」と苦い気持ちになったのを覚えています。

今考えると

  • 相手のことが全く見えていない
  • 仕事上の先輩後輩の関係性を経験してこなかった

のが原因なんだろうなと思います。

思い出しながら書いていたら、あの時のびっくりとモヤモヤとげんなり感が鮮明に蘇ってきて、気分が悪くなってきましたので終わりにします(笑)

大ネタを小出しに。

また辞められた?

J男がアルバイトスタッフに更新させている事務所用SNSに、ここ3ヶ月ほど投稿がありません。恐らく、私の後に雇った2人目のアルバイト女性も辞めたのだろうと思います。こういったことが続けば、「あそこは人が居付かない」と周りも気づいてくると思うので、どうかこれにめげず、今後も精力的に人を雇っては逃げられて欲しいものです(←ひどい・笑)。

びっくりエピソード(小出し)

J男のびっくりエピソードは、多少の細かいネタ以外は、辞めるきっかけになった大ネタいくつかを残すのみです。何度か書きかけているのですが、なかなかうまくまとめられません。思い返すたびに、J男の不誠実さを改めて認識してしまって、しかもそれをスルーしようと我慢してしまった自分も悔しくて・・・。

本来はまとまったエピソードとして書きたいのですが、小出しにすると、

  • 私を悪者にするようなメールを、私が参加していないメーリングリストに送っていた
  • その内容を引用したメールを、事務所用メアド(私とJ男共用)に転送してくれた人がいた時、私が読めないようにサーバから削除した

事件です。限界がきて出勤できなくなる1ヶ月前のことで、これがJ男に本格的に絶望する大きなきっかけの1つになったことは間違いありません。

いきさつ

事務所用メールには急なアポの連絡が来ることもあるので、私の個人スマホでもIMAP受信で読めるようにしていました。そのため、問題のメールもJ男が消す前に読めました。

そこには、私が押し付けられそうになってキレ気味に断った無償の仕事について、友人に「ペグさんがやってくれるはずだったが、忙しいからと断られてしまった。力になってほしい。」と同情を買うように書いてあり、「うわぁ・・・」「一度も正式に引き受けてませんけど?」とドン引きしました。

それに対するJ男の友人からの返信は「ちょっと見てみたけど、俺だったら30万はもらわないとできないし、今は忙しいから無理」という内容でした。「ほら見たことか!普通にプロに頼んだらそれくらいかかるものなんだよ!私は気を使って値段は言わなかったけど、断ったのはそういうことだよ!!」と少しスカッとしました。

なぜその会ったこともない人が、J男が送信した時のJ男の個人メアドではなく、わざわざ共用メアドに返信を送ってきたのかは未だにわかりませんが、こっちに送ってきてくれてありがとう!!と心から感謝しています。おかげでJ男の本性が分かったし、私が言えなかったことをズバッと言ってくれたのも分かったので。

このメールを私も読めることはJ男も分かるので、次会った時どんな顔するんだろうなあと思いました。

そして翌日事務所のPCでいつものようにメーラを立ち上げたところ、過去のメールも含め、サーバ側に保存されていた受信メールが全て削除されていたのです。「え?え?何で?誰が?」とびっくりしましたが、サーバから消せるのはJ男かサーバ管理業者だけです。業者がいきなり消すわけがないので、すぐに「あ、昨日のメール読まれたくないからJ男が消したんだ!」と真意が分かって、寒気がしました。読まれないように消すと言うことは、やっぱり私に読まれたくない内容だったということですよね。

指摘する気力はなかった

夕方に事務所に帰ってきたJ男は、うまくやったと思っているのか普通に接してきました。

その前にもあり得ないことをされ続けていたので(キレ気味に断ったのもそのせいです)、もう問い詰めるとかそういう気力はありませんでした。都合の悪いメールを消すなんて、完全にあちらに非があることで、あまりにも稚拙過ぎます。そんなことをできる人に対して、何も言う気になりませんでした。問い詰めたところで、延々と腹の立つ言い訳を聞かされるだけか、下手をすれば逆上してきたり、また私の知らないところで悪口を言われるんだろうなとも思いました。

ただ、私のJ男に対する視線と態度は、もうどんどん冷たいものになっていきました。当たり前ですよね。それを察してか、私を食事やセミナーに誘わなくなったり、事務所にいる時間が減っていったのもこの頃からだった気がします。

辞められない止まらない

このすぐ後にも同じ件でもう一悶着あり、完全にJ男への信用は失いました。それなのに、なぜかまだ信じたい気持ちがあって、辞められませんでした。

J男が勝手に数十万円かけて契約してしまっていた広告費に対して、責任を感じていたのもあります。「ここで辞めるなんて言ったら、なんて責められるんだろう」「責められないにしても私が無責任な人になっちゃう」「数十万の損失になったら、J男はがっかりするだろうな」なんて考えていました。私の馬鹿・・・。

本来の私だったら、「こんな不誠実なことをするような人とは一緒に仕事はできません」とズバッと言えるのに、あの歪んだ世界ではそれができなくなっていました。悔しい。

言うべきことは言っていた

「自己愛の被害者になりやすい人は、言いたいこと・言うべきことを我慢してしまう特徴がある」というのはネット上でよく見ます。私も確かにそういう面はありますし、上記の件は我慢してしまいましたが、周囲を見ていても自分が特別我慢強い方だとは思いません。人間関係では最低限の我慢しかしませんし、仕事に関すること、特にクライアントや業者に迷惑がかかることに関しては、ちゃんと指摘していました(これも今思えば自己愛人間の怒りを買っていたのかもしれません)。

あれこれ我慢することもじわじわダメージになってはいましたが、そもそも年上・上司的立場であるJ男のおかしな言動を目の当たりにすること、それに対して気を使いながら指摘してやめさせることに、本当にエネルギーを消耗したのです。

だから、被害者になっている人に対して、「我慢するからだめなんだよ」とか「言ってやればいいじゃん」なんて責めないで欲しいのです。それができないおかしな状況なわけで。でもやっぱりそれは扉が開いていないと分からないだろうな・・・。

何度も書いていますが、被害者自身も、自分を責めないで欲しいです。「私は十分頑張ってる。間違っていないよ。」と、思っていなくても5回唱えてみて、何だか悲しいような泣けてくるような気持ちになるなら、不当な我慢をしてしまっているんだと思います。

そうやって自分を励ますこと、自分を大切にすることでしか、自己愛との関わりを断つ力は湧いてこないと思っています。間違ってもその力を「もっとうまく相手とやっていく!」という方向に向けてはいけないので(私がやらかしました)、やっぱり周囲に正しい方向に導いてくれる人がいるのが望ましいです。でもなかなかそんな存在は見つからないと思うので、このブログが少しでも役に立てば幸いです。

優しい言葉に混乱する

表面的な優しい言葉

共感力のないはずのJ男ですが、労いの言葉をかけてくることはとても多かったです。だから、「気が利かない時もあるけど、根はちゃんと人を思いやれる人なんだ」と勘違いしてしまいました。それが後々の「私が頑張れば分かってくれるはず」という思考に繋がっていきました。

言葉だけ聞けば、すごく優しいと勘違いしてしまうんですよね。でも、おかしな出来事が立て続けに起きる中で、「その場限りの優しい言葉は言えても、現実問題に対処する能力はないし、私と向き合う気もないんだ」と分かりました。そんな人に対してどんなに我慢して頑張っても無駄な苦労なのだと感じて、ようやく辞める気持ちになれました。

わざと他の人に優しくする

辞めると決心するまでの間、J男と会うだけで震えが出て体が固まってしまう時期がありました。それを抑えながら仕事をしていた時、わざと私の前で仕事仲間(女性)に電話をかけ、ものすごーく穏やかで優しい声で、相手を思いやるような言葉をかけたことがありました。「え?目の前で苦しんでいる私がいるのに・・・」とびっくりして、悲しくなりました。

ここで時々紹介しているTiaraさんのブログで、自己愛の人はわざとそういうことをする、という記事を読んだのは仕事を辞めてからでしたが、すごく納得できます。辞める前はそういう特徴を知らなかったので、「最初は熱心に近付いてきて、仲間の大切さを語って、気も使ってくれたのに、思うようにならなくなったら用無しなんだ」と本当に本当に悲しかったです。

優しい言葉の残酷さ

友達に相談する時も、「私がこういう気持ちでこうしてたら、J男がこう言ってきてね・・・」と説明すると、「優しいところはあるんだねー」などと言われてしまうのも辛かったです。確かに言葉だけ聞けば優しいのです。そんなJ男にずっと文句を言っている自分が悪いように思えてきます。

あんなに優しくて残酷なことが悪気なくできるのは、自己愛だけなんだろうなと思います。私は今だにあのおかしさを文章でうまく説明できません。

混乱して当然でした。

 

小ネタ

長めのネタも書いていますが、何度も推敲しているうちにゲシュタルト崩壊的な状態になって、「これ・・・1つの記事として成り立ってる?」と分からなくなって保留にしてしまいます。今日は短めのものを。

未だにイラつくエピソード

J男の事務所での仕事は、BtoBだけでなくBtoCの要素もあり、お子さん連れで相談・打ち合わせに来る方もいました。そんな時のためにと、子供も大人も楽しめるお気に入りの漫画(どうでもいいですが、「ひなちゃんの日常」です)をデスクに置いておいたら、J男がすぐに気付いてパラパラと見ていました。「それ、すごく癒されるからお気に入りなんですよー」と言うと、「へぇ。これくらいなら僕でも書けそうですけどね」と半笑いで言われ、3秒くらい時が停止しました。え?何今の、冗談?いやいや完全に小馬鹿にしてるよな・・・と。びっくりして、その場では何も言えませんでした。後からじわじわと「お前にこんな素敵な漫画書けるわけないし!!」と腹が立ちました。悪意なく素で言っていることも信じられませんでした。お気に入りだと言っている物に対して「僕でもできそう」なんて言えば、相手が不愉快になるって当たり前のことも分からないのかこいつは・・・と。

ちなみに、その話をJ男の本性を知る前任的なスタンスの女性に話したら、「アイツ割と絵は上手いからね~」「何かにちょこっと書いてたけど、結構上手かったよ」と言われ、ここでもまた「え?今そういうこと話してるんじゃなくない?」とモヤモヤして疲れました。言わなきゃよかった。

脳が歪む感覚

文章にするとしょうもない感じになってしまうのがもどかしいのですが、こういった小さい不愉快事件が起きるたびに、脳が歪んでいく感覚になりました。あんな感覚、後にも先にもありません。実際、あのストレスを受け続けていたら脳のどこかが委縮してたんじゃないでしょうかね。

理不尽なこと・不愉快なことを言われるシーンは自己愛相手じゃなくてもありますが、そういう相手って悪意や怒りをぶつけている自覚はあるから、そういうオーラを出しているんですよね。なのでこちらも、近付かないとか、身構えて話しかけるとか、ガードする余裕があります。

が、このエピソードのように突然鈍器で殴られるような自己愛からの攻撃は、防ぎようがなく、抵抗する気力がなくなっていくと同時に、体は無意識の緊張状態が続くようになるのだと思います。

やっぱり、いつもの結論

自己愛に苦しめられている方は、理解不能な言葉を真に受けて、真意を汲み取ろうなんてしないほうがいいと思います。深い意味なんてないし、良い方向に解釈しようとする努力も無駄でした。でも普通の人なら、どんなに無表情でスルーしたとしても、やっぱり感情のどこかには引っ掛かってしまいます。私も、J男の言葉で心の中が波立たないことはありませんでした。自分としてはスルーできているつもりでしたが、結局ふとしたことで限界が来てしまいました。

じわじわと脳が歪む前に離れるのが正解なのだと思います。

職場でも起こるカサンドラ

J男とSNSで繋がっている人が、こんな記事のリンクをシェアしていました。gendai.ismedia.jp

職場での被害者側に目を向けられた記事は珍しいですね。

この記事の例だと、「私の仕事までやってしまう」という悩みが取り上げられていますが、「相手の仕事まで平然と押し付けられる」というエネルギー搾取パターンも当然あるわけで、私にとってはそれが辛かったですね。情緒的な言葉があれば全然違ったんですが。
ラッキーパターンで言えば、「頼んだわけじゃないのに、これ(仕事に必要なもの)買ってきてくれたんだ」と思うことも、時々ありました。「なんで買う前に一言言ってくれないんだろう、私も買ってきちゃったかもしれないのに」と思うこともあれば、「手間が省けてラッキー」と思うこともありましたね。私は多少イメージと違っても、J男のように「これじゃないのが良かったんですけど」なんて言いませんでしたけど!

家族間だけじゃないということ

こうして少しずつ、「職場でも、男性同士でも、カサンドラになり得る」というような情報が表に出てきているのは大事なことだと思います。情報だけで「扉が開く」ことを期待するのは難しいですが、被害にあった時に「あ、これヤバイやつだ」と早く気付ければ、早く対策ができるので。被害者になり得る個々人はもちろん、会社の中で人員配置に関わる管理職の人には、知識だけでも絶対に知っておいて欲しいし、できればあの独特な、会話にならない感じを、部下という立場で1度でも体験したことのある人がそういう立場になって欲しいです。

J男のように個人経営者の場合は・・・これはどうしようもないんだろうなあ・・・。

これを読んで本人が気づくのか?

SNSでシェアされたことで、J男が上の連載記事を目にする可能性はゼロではないわけですが、自分のことかも?なんて気付くことってあるんでしょうかね。気付いたとしても、自己愛の場合は常に身近にエネルギーを吸い取れる相手がいないと鬱々としてしまうから、耐えきれずにまた同じことを繰り返すのかな。今度こそはうまくやれる、って。

人様のブログで感じたこと。

更新モチベーション低下中の私ですが、苦しんでいる人がちょっとでも気楽になればという思いで、何とかひねりだして書きます。

以前紹介したサイトの最新記事を読んでいて、「わぁ・・・」となりました。

tiara-crystal.info

時々ブログでも書いている通り、「別にすごい激怒してくるとかじゃなかったし、自己愛じゃないのかもなあ。いい人な部分もあったんだし、私が気にしすぎていたのかな」って今だに思ってしまうので。この記事を読んで、「そうか、そうだよな・・・あれほど謎な恐怖感と苛立ちを感じさせる人は、後にも先にもいないもんな・・・」となりました。働いていた時はずっと、苛立ちながらも自分を責めて「私が理解できないのがおかしいの?」とか、「どうしてJ男に私の考えや気持ちが伝わらないのかな」などと、ずっと悩んでいたことを思い出しました。

裏切られたのはどっちだろう

そして、

「あなたに裏切られて悲しい。」と悔しそうな顔を見せるだけで周りの同情もあなたの心も支配することができてしまうのです。

っていうところでもまた「うわあ・・・」となりました。散々周囲に「すごく良い人が入ってくれて」と言って回っておいて、その私が1年経たずに辞めたわけで。多分ですが、都合の悪いところは話さずに、「自分で好きにやりたいからと、辞められてしまった」と言って同情を買ってるんだろうなと想像していました。そう思うだけの過去のエピソードがあるんですけど、やっぱり書く気力がわかなくてもどかしい・・・(笑)。

もしそう言って回っているなら、J男の周囲の人たちの中では、私のことは「事務所を任されたのに1年も経たずに投げ出した、忍耐力・責任感のない人」という評価になっているでしょうね。J男と交友関係がほぼ被らない私は、そのJ男の嘘に対して反論する術はありません。関わることはない人たちだし、J男と一緒にいられるような人たちですから、どう思われてもいいと思っていますが、理不尽な悪い評判なんて無いほうがいいに決まっています。

私自身、混乱しはじめた頃に、J男サイドの人達(その中でもわかってくれそうな人を選びましたが)に、J男のおかしさ、こんな目に遭ってるんです、ということを何度か必死で話してしまいました。その人達にとっても、「文句ばっかり言って、結局辞めちゃった、ワガママで気難しそうな人でしょ」という感じになってるんだろうと思います。あー悔しい。

辞めた直後のしょんぼりした様子

私が辞めたすぐ後、仕事関連のイベントの様子が誰かのSNSに載っていて、J男はここでも裏方スタッフとして打ち上げの動画に写り込んでいたのですが、しょんぼりしたような、何とも独特な哀愁を漂わせていました。辞めたばかりでまだ混乱も抜けきれていなかった私にとって、J男のその様子はちょっと意外でした。悲しんでくれてるのかな?って。でもきっとこのしょんぼり感は、普通の人が「大事なスタッフに辞められてしまった」時に感じるものとは決定的に違うんだ・・・というのは、その頃には何となく分かってきていたので、やっぱり不可解な気持ちが胸の中でどんよりしていました。

そして、大の大人の男性がこの感じで「信頼して、事務所を任せたのに、逃げられてしまった」とぽつりぽつりと語れば、誰しも同情するだろうなあ・・・とも思いました。

裏切られたとお互い思ってるんでしょう

まあ、全て私の想像なんですけど。もう一度書きますけど、そう思うだけの仕打ちをされたことがあるんです。あのしょんぼり感で私を悪者に・・・しているんだろうなー。

期待禁止。

先日マッサージを受けに行った時に、「オーナーがあまりに変で、前の職場は辞めました。2度と関わりたくない、思い出したくもない人です」と言うと、「そういう人たまにいますよねー」「感性の違いってありますよねー」って言われて、心の中でハァーーッ?!となりました。感性なんかの問題じゃないし、そんな遭遇しませんから!その後の会話も知ったかぶりに感じてしまって、癒されに行ったはずがイライラするばかりでした・・・。

最後にそこに行ったのが、辞める直前の苦しんでいた時で、かなり久しぶりということもあって近況報告的な感じで話してしまったのが失敗でしたね。扉が開いていない人には言わない方がいいってこと、期待しているような言葉を言ってくれることを期待してはいけないってこと、折に触れて肝に命じていかないとだめですね。