年内初の更新・・・

昨年末から全く更新せず・・・のこのこやってきました。

書き始めた頃のテンション(主に怒り)を100としたら、今は15~20くらいに落ち着いて、それと共に更新の原動力を失いました(笑)。

私が自己愛被害者の人たちが書いているブログを読み漁っていた頃も、初めは頻繁に更新されているのに徐々にフェードアウトしていき更新が止まるパターンはよくありました。立ち直ってどうでもよくなったんだろうなとは思うのですが、「いやそのどうでもよくなる過程も知りたいからー!」と思ってました。なのでたまに更新するようにはしたいなと思います(弱気)。

どうでもよくなった理由

怒りがおさまってきた理由の1つは、仕事の都合で発達障害についての本を読んだことです。何冊か読んでいるうちに、「ああ、こういう人たちって脳の回路が違うんだなあ。・・・J男もそれに近かったんだろうな・・・誰にでも情緒や共感力があるのが当たり前と思っていたから辛かったんだ」と突然腑に落ちました。

今まで散々自己愛について調べていた中でも、そういった「自己愛は脳のレベルで共感ができない」というようなネット記事は嫌というほど読んできました。でもその時はまだ「一見落ち着いていて、まともに見えるし」「最初はすごく親切だったし」という記憶が強くて、納得できませんでした。

今回は、相手と離れて数年が経ち、怒りも落ち着いてきていたタイミングで、自己愛とは関係ない、ただ仕事の情報収集として感情を切り離した所で気付けたのが良かったのだと思います。

それからJ男と離れた結果、自分で好きなようにのびのび仕事ができているというのも大きいですね。仕事をするのに誰かに頼りたい気持ちのままだったら、悔しさが残っていた気がします。

とは言え最近のJ男についても

相変わらず業界紙に投稿したり取材を受けて掲載されたり、入れたての浅い知識で業界内で講演をしたりしているようです。SNSで知るのですが、もうそういう情報を見ても怒りやイライラはなく、「憐れだなあ・・・」「気味が悪いなあ・・・」という気持ちです。人の役に立ちたいのではなく、業界内ですごいと称賛されたいのが透けて見えますし、そのためならやたら活動的になるのが不気味です。そのことに気付かないような、浅い関わりの人達にどれだけ持ち上げられても永遠に心は満たされないのに、本人がそれに気付かずに称賛を求めていて・・・憐れだなあと思います。

相手のSNSを見てしまうことについて

自己愛と離れたら、SNSなどは気になっても一切見ないほうがいいというのが一般論ですね。確かに、あまりにメンタルが不安定な時はネットそのものから離れる方がいいですし、相手のそばに戻りたい気持ちがあるなら見ないほうがいいでしょうね。

ただ、「もう二度と関わらない!」と決めて離れながらも、SNSを見続けている私自身の結果としては、「ちゃんと回復に向かっていれば見ても大丈夫」でした。もちろん無駄に腹が立ったりショックを受けることばかりなので、回復のスピードは落ちたかもしれませんが、気になる&見たいのを我慢しながら、怒りの記憶に耐えるのは辛かったです。

実際に感じたデメリットとしては、読んでイライラした時に周囲に怒りをぶちまけてしまうくらいでしたね。って周りには迷惑だったでしょうけど・・・。

ちなみに、SNSの内容を読んで「こんなことがあってさあ!ほんとムカつくよ」とぼやくと、「まだ見てるの?」「もう見ないほうがいいよ」って言う人もいるんですが、被害を受けていた時に辛さを訴えても分かってくれなかった人たちと見事に一致しました。「結局、私の愚痴を聞きたくないんだなーこの人たちは。私は相手からの愚痴や相談された時はちゃんと聴いてるのになぁ。」と気付けたし、そこでいちいち傷つかなくなったことにも、回復したなと感じます。昔からの友達や扉の開いた友達は、そんなこと言わずに「ひどいね」ってずっと聞いてくれました。ありがたいです。

ネットチェックは、こちらが不利益を被るような投稿をしていたら有力な証拠にもなるので、デメリットばかりではないと思います。

チェックする際のポイント

こちらがチェックしているのを気付かれると相手の思うつぼなので、ログや解析などで特定されない設定・環境で見るのは必須です。例えばSNSならログインしないで見るとか、全然関係ない人に頼んで見せてもらうとか。IPアドレスでアクセス元の大まかなエリアが分かってしまうこともあるので、新宿渋谷など大きい駅などに出かけた先でアクセスするのも1つの手かもしれません。相手がそこまでチェックする人かどうかにもよりますが(笑)

こちらの状況を把握させない

私は逆に、こちらの状況を一切分からせないようにするほうが大事だと思います。未練なんてないアピールのために投稿したりしたくなることもありますが、それこそぐっと我慢です。

SNSなら登録解除するか一切更新しない。共通の知り合いとは関わらない。

相手は絶対、多少なりともこちらの様子を知りたいでしょうから、情報なんて1ミリも与えないほうが仕返しになると思っています。

私の場合は幸い、自己愛あるあるの「逃げられた相手にもしれっと連絡する」は一度もされなかったというのもありますが、この選択を取って良かったとハッキリ言えます。

気負うと書けなかった

年始からずっと「今つらい人の役に立つことを書かなきゃ」と書きかけては完成せず・・・を繰り返していましたが、その気負いを捨てたら、こんな感じで書けました。役に立つかはわかりませんが、とりあえず良かったです。